SQL リファレンス

SQL Server を中心に、SQL に関するテクニックを紹介します

SQL リファレンス

SQL Server を中心に、SQL に関するテクニックを紹介します

テーブルの作成時、指定したフィールドのアイデンティティ(自動採番)を設定するときがあります。
ただ、メンテナンスのために一時的にアイデンティティを解除したい場合も出てくるでしょう。
そのような場合、SQL Server では以下の SQL コマンドを実行します。

— テーブルのアイデンティティを解除
SET identity_insert ‘[テーブル名]’ OFF

また、以下の SQL コマンドで解除したアイデンティティを再開します。

— テーブルのアイデンティティを再開
SET identity_insert ‘[テーブル名]’ ON

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です