SQL リファレンス

SQL Server を中心に、SQL に関するテクニックを紹介します

SQL リファレンス

SQL Server を中心に、SQL に関するテクニックを紹介します

NULL でない最初の項目の値を返すには、COALESE 関数を使用します。

SELECT COALESCE([項目1], [項目2], [項目3], ・・・)

左から順に項目値を参照し、NULL でない値を表示します。 つまり、上の例において、[項目1] が NULL でなければ [項目1] を返します。 [項目1] が NULL であれば [項目2] を参照し、[項目2] が NULL でなければ [項目2] を返します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です